ペアリング

一生思い出に残る婚約指輪|いいものを買う方法を紹介

指輪のサイズ選びが大事

横浜で婚約指輪を買うときは、サイズ直しができるショップを選びましょう。アフターサービスが充実したショップであれば安心です。ただし、婚約指輪はサイズ直しができない素材もあるので、事前に店員さんに聞いておきましょう。

指輪を渡す方法

婚約指輪はそのまま渡すより、ディナーやメッセージなどとセットで渡した方が喜ばれます。婚約指輪選びに迷ったときは、相場を参考にしましょう。横浜にはおしゃれなジュエリーショップがたくさんあるので、二人で出かけて婚約指輪を選ぶのもおすすめです。

タイムリーな情報収集を

横浜にはジュエリーブランドが揃ってるので、満足出来る婚約指輪を購入する事が出来ます。セール中のブランドの価格情報を調べて、他のブランドで価格交渉する事が容易な点も、横浜で購入するメリットと言えます。また横浜にある結婚式場と提携しているブランドで購入すると、通常より安く購入する事が可能です。

人生の宝物

ウェディング

愛の証として

女性にとって、プロポーズは男性が思っている以上に大事なビッグイベントです。その時に愛する人から渡される婚約指輪は、二人にとって人生の宝物になります。また、婚約指輪は婚約したことを社会的に証明する役割も果たします。そもそも、男女で指輪を交換するようになったのは古代エジプト時代といわれています。その後、愛の証としてプロポーズの時に男性から女性に指輪を渡すようになりました。結婚指輪は、左手の薬指につけるのが一般的です。なぜなら、左手の薬指は、古代より心臓と繋がる血管があると信じられていたからです。それにより、相手との強い絆で結ばれ、心がひとつになるという意味が込められています。婚約指輪については、どの指につけるかの正解はありませんので本人の自由です。ちなみに、左右の薬指が持つ意味は、右手が心の安定や恋愛の成就、左手が愛の証になります。ただし、結婚式の当日は、指輪の交換セレモニーがありますので、右手につけておくことが必要です。婚約指輪は、宝石としてダイヤが選ぶ人がほとんどです。これは、ダイヤが安定した価値とブランド力があるからです。ダイヤ以外の宝石を選ぶ場合は、ルビーやサファイヤなどの硬度が高いものが選ばれます。しかしながら、二人で相談してきめるのであれば、女性の好みを最優先したいものです。横浜で、婚約指輪を探すとなれば、横浜駅周辺の百貨店内の宝石サロンや横浜みなとみらい地区のブランド店があります。また、横浜元町には老舗の宝石店がありフルオーダーなども受付けています。