HOME>イチオシ情報>専門業者へ庭の草むしりを任せるときの依頼方法

専門業者へ庭の草むしりを任せるときの依頼方法

手

始めに予約と見積もり

草むしりを業者に依頼する場合、自分の住んでいる地域にあるか、探してみましょう。なぜ、自分の住む地域の業者が良いのかというと、まず出張費などの余計な費用が掛からない事があります。業者が遠くになればなるほど出張費は増えていくものです。1日で終わる作業も終わらなくなる可能性があり、そうなると依頼する方も時間が拘束されてしまうばかりか、費用が増える可能性もあります。草むしり業者を探すのは今の時代はインターネットが便利で迅速。複数の業者の特長や費用などが一括で見比べる事ができる、比較サイトがあるので、それを利用しても良いでしょう。ネットなら簡単に住んでいる地域、あるいは近郊に業者が見つかるはずです。気になる業者が見つかったら電話や業者のサイトから、まずは見積もりを依頼します。草むしりをしてもらいたい庭や農地の広さ、雑草の種類、伸び具合など伝えると、おおよその見積もり金額を出してくれます。見積もりを依頼するのが面倒なら、業者のホームページには料金表が掲載されているので、それを参考にすると良いでしょう。

園芸用品

作業当日の流れ

作業当日に依頼した草むしり業者が来ると、まずは現場を下見して正式な見積もり金額を出してくれます。その金額に納得すれば作業開始となります。あらかじめどの位の作業時間かを聞いておくと、依頼主の方もその日のプランが立てやすくなります。ガーデニングの庭など、作業面積が狭ければ草刈り鎌やスコップ、手での作業になります。農地など広い場合は、鎌や電動草刈機の他、草刈りトラクターやパワーシャベルなどを使用する事もあります。作業が終わればその現場を確認して仕上がりが良しとなれば料金を支払います。少しでも費用を抑えたいのなら、草むしりで出た、ゴミとなる雑草は自分で処理をする方法があります。土地の隅の方に穴を掘っておいて、そこに雑草と米ぬか、油かすなどを投入してよく混ぜ、上から土をかけておけば、数か月後には立派なたい肥となります。穴を掘るのが面倒なら段ボールの箱や、ベニヤで作った簡易的な箱でもOKです。ゴミ回収費が不要になるばかりか、植物の生育に必要なたい肥費用の節約にもなるので、たい肥場が確保できる方はトライしてみてはいかがでしょうか。